非破壊調査セット(超音波肉厚測定・X線検査・内視鏡調査)

設備配管劣化調査の課題

従来の劣化調査において、肉厚測定による推定余命計算と腐食状況の把握ができるのは、
破壊検査である抜管検査だけでした。
しかし、抜管検査は断水や排水規制、夜間作業などの制限事項が多くあります。
当社は抜管と同様の検査をさまざまな診断方法を組み合わせて非破壊で行う、
精度の高い劣化調査をご提案致します!
非破壊調査セット1

 

非破壊調査セット(超音波肉厚測定、X線検査、内視鏡調査)が有効です

非破壊調査セット2

 

施工事例

非破壊調査セット3

その他こんな検査も実施しています!

FRP肉厚測定

FRP薬品タンクの残存肉厚が分かり、更新時期の判断材料になります。
非破壊調査セット4

流速・流量測定

空調配管の流量調整時の測定や潰蝕の要因調査に用います。ガス流量も可能です。
非破壊調査セット5

漏水調査

埋設管の漏水箇所の特定調査。鉄管探知機、音調棒、漏水探知機、ガス検知器等を複合的に用いる調査です。
非破壊調査セット6

外面サーモグラフィ測定

保温材の劣化や目視調査等に用います。
非破壊調査セット7

デジタルマイクロスコープ

腐食部分を瞬時に2000倍まで拡大観察が可能です。
非破壊調査セット8

 

私たちにお任せ下さい

総合的な腐食要因調査を自社施工

水質検査・ガス分析などの要因調査、電子顕微鏡・デジタルマイクロスコープなどの詳細調査を
最新機器にて精密分析しています。
最新のレンズを使用した質の高い報告書を提供します。

お客様の立場に応じた見やすい報告書を作成します。

第三者機関としての調査結果なので、客先への説明に説得力が出ます。
非破壊調査セット9
非破壊調査セット10

劣化診断へ